【座長の休日】社長と薮クリニック

こんばんは、海端です。本日2度目の投稿となります。


1回にまとめろや、と言われそうですが、今日は内容が濃すぎて、まとめたくないという強い意思により2度目の投稿を遂行しております。
お昼はワイン、夜は、、ジントニック。。。
濃いというのは、アルコールのことですね。いやいや、そうじゃなくて
前置きが長くなってすみません。


新宿歌舞伎町「人間レストラン」で行われている丸の内ごっこ先生の『藪クリニック』に社長と二人で診察に行って来ました。
2日くらい前に突然私が「社長宅に泊まらせてください」と懇願したことがきっかけで、「一回病院行きな。」と連れてこられたのがこの「藪クリニック」。。。
はい、半分ジョーダンです。本当のことはさておき、店内には藪クリニックのイラストがあちらこちらに。申し訳なさそうに貼られている、貼り紙もなんだか味があって私は好きでした。
今日は丸の内ごっこ先生が来院し、ファンがリクエストするイラストをその場で書いてくださるという「リクエストイラスト」というイベントもあり、ファンの心は鷲掴みにされていました。目の前で、好きなキャラが形作られていく時間。。。それこそ濃厚な時間。
私はにわかファンではありますが、心底作品へのリスペクトがあるファンの表情や振る舞いを拝見しまして、熱量が私のハートまでぐぐっと伝わって来ました。
人間って、本当に嬉しいとき、こんな表情をするんだ、とても勉強になりました。先生とお話しながら紡がれていく作品→仕上げが終わり自分の手元に渡される作品。。ファンにとってこれほどまでに価値のあるもの、時間はないのかもしれません。大げさすぎましたかね。
とにかく、良い時間を過ごしました。


社長とは創業時の話など、貴重なお話の数々をきくことができました。
劇団は立ち上げたばかりで、まだまだ足元が固まっていない状態。でも、だからこそ可能性を秘めている。そんなことを思いました。
一気に上にあがろうとか、あがりたいとかは思いませんが、着実に成長していけるように、毎日をもっともっと考えながら、行動しながら、感じながら、笑いながら、過ごしていこうと改めて思いました。

コミカルでポップな絵は人を惹き付ける。素敵です。
ドロッドロの血液でした。血栓ができたことことで、圧力が高まり、テーブルに飛散しました。
工芸茶です。美しかったです。
花言葉が一つ一つ書いてあったそうなのですが、なんだか文字が見づらく解読を諦めました。

社長、本日はご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です